北欧食器が当たるかも!Xmas料理特集!

カテゴリ:お手本

  • お手本の紹介(まとめ)
    [ 2008-02-22 22:05 ]
  • 9月のお手本
    [ 2007-09-02 14:34 ]
  • 6月のお手本
    [ 2007-06-07 20:43 ]
  • 4月のお手本(2007)
    [ 2007-04-05 22:44 ]
  • 3月のはがき
    [ 2007-03-08 22:39 ]
  • 二月のはがき
    [ 2007-02-06 23:23 ]
  • 2007年は丁亥-ひのとい-・・・
    [ 2006-11-08 21:16 ]
  • 2月のお手本から
    [ 2006-02-02 21:04 ]
  • 9月のお手本から
    [ 2005-09-10 12:52 ]
  • 8月のお手本から
    [ 2005-08-17 18:54 ]

お手本の紹介(まとめ)

 月初めに掲載したお手本の紹介をまとめたものです。
 順を追っておけいこしていきますので、お手本は皆さんとは限りません。同じお手本は<毎月のはがき>。その月に因んだ言葉や歌を書いたものです。また、季節のはがき-暑中見舞い・賀状・寒中見舞いなど-はその時々で練習します。
 <1>
  ・ウォームアップ  筆ペンに慣れる
  ・仮名の基本    
  ・カタカナの基本
  ・連綿の書き方(2)    続けて筆を運ぶ
 <2>
  ・四字熟語(20)
  ・のしの表書き(60)   一般的なものから順に
  ・名前(100)
  ・都道府県名
 <3>
  ・季節の挨拶文(便箋)(12)
  ・季節の挨拶文(一筆箋)(12)
  ・季節の挨拶文(はがき)(12)
 <4>
  ・漢詩
  ・短歌・俳句

 <1>の基本練習を終えて、短い文を書きながら「御礼」や「御仏前」など実用的なものを同時に練習いたします。そして、<毎月のはがき>は楽しみながら書いていただく。通信の方も同じように進んで参ります。
 実用的なものを自信持って書けるように、また、好きな言葉を楽しんで書けるようになっていただくのが目標です!

 2ヶ月に一度、顔彩などを使いお教室で皆さんと一緒に<毎月のはがき>を書いています。

 お問合せいただいた中で6ヶ月の短期の練習をという方がいらっしゃいました。沢山のことは練習できませんでしたが、お名前やご住所、簡単な表書きの練習を終えました。おけいこについてのご相談はメールでお気軽にお問合せください。
  
■  [PR]
by sumi-moji | 2008-02-22 22:05 | お手本

9月のお手本


 9月は雨の日から始まりました。秋のしっとりとした雨足というよりは夕立のような雨が度々、熱いアスファルトの道を濡らします。少しずつは涼しくなっていくのでしょう・・・
 9月のお手本はいつものように、
 ・仮名の基本
 ・四字熟語
 ・名前
 ・のしの表書き
 ・季節の挨拶文
 ・飲中八仙歌
 ・和歌
の中から皆さんが進んでいきます。

 <今月のはがき>は「月」を一字です。先月は「白雨跳珠」で挨拶文の文字数も少し多かったので、今月は少なめですっきりと書きました。秋の夜のお月様を思い浮かべて書いてくださるように・・・。
■  [PR]
by sumi-moji | 2007-09-02 14:34 | お手本

6月のお手本

 6月のお手本です。
 四字熟語・季節の挨拶文・飲中八仙歌・のし袋の表書き・名前に加えて<6月のはがき>は、「濯枝雨」-あめえだをあらう-
 本には、<陰暦6月にふる大雨のこと。雨が木の枝を洗うように濯いでいるようす。>とあります。災害を起こすほどの大雨も困りますが、空梅雨も困ります。入梅の前に田植えが始まったとニュースで流れる今日の天気は、真夏のように暑い!雨が待たれます。

 6月の異称は
    水無月(みなづき)  風待月(かぜまちづき)  早苗月(さなえづき)
■  [PR]
by sumi-moji | 2007-06-07 20:43 | お手本

4月のお手本(2007)

 2007年4月のお手本です。
 いつもの「基本の仮名」、「四字熟語」、「名前」、「のし袋の表書き」、「季節の挨拶文」に加えて「飲中八仙歌」と「梅雪色紙帖」から皆さんのお手本が決まります。
 そして、<今月のはがき>は「飛」という文字を入れて、「入学おめでとう」としました!
 新入社員として新しい生活を始める方へは「入社おめでとう」はどうでしょうか。

 「飛」という字は、鳥が羽をひろげて飛んでいる形で、飛び立とうとする姿を表しています。まさに、そういうころですね。ちなみに、「翔」はゆっくりと飛びまわることを表します。
■  [PR]
by sumi-moji | 2007-04-05 22:44 | お手本

3月のはがき

 お手本の1つの<3月のはがき>です。
 3パターンが見本です。一番文字数のを少ないものをお手本としましたが、おけいこの年数に応じ字数を増やしたりして、自由に書いていただきます!春の山を思い描いて・・・。
 <春山如笑>しゅんざんわらうがごとし
春の山が笑っているということから、穏やかな春の山の景色を表しています。
 





 毎月の<はがき>も1年経ちましたので、今月から「異称」もおけいこに加えました。
  <3月の異称>  弥生  桜月  桃見月
   まだまだたくさんありますが、「花惜月」も風情がありますね。
■  [PR]
by sumi-moji | 2007-03-08 22:39 | お手本

二月のはがき

 この冬一番かと思うほどの寒さから、1週間も経たずに春の陽気になってしまいました。<立春とはいえ、まだまだ肌寒い毎日です>などという定番の挨拶は、今年に限っては使えません!
 お隣のおじさんが飼っている「めじろ」があまりにも可愛いので、<二月のはがき>は「鳥」、そして色紙に書いていた言葉「春物自清美」の二種類です。
 さあ、明日は2月最初のおけいこ日です。
■  [PR]
by sumi-moji | 2007-02-06 23:23 | お手本

2007年は丁亥-ひのとい-・・・

 来年は丁亥(ひのとい/ていがい)となります。「亥」という文字は、●男女が子を抱く形●草の根●儀礼に用いられた獣の形と諸説が見られます。なんといっても、「いのしし年」となると頭に浮かぶのが<猪突猛進>の言葉。山を駆け上がる「いのしし」の絵は年賀状でもよく描かれています。
 3パターンの年賀状を今年は皆さんで書いていこうと思います。1つ目は隷書の「亥」を入れたもの、2つ目は葉書を横に使い背面に行書の「亥」を入れたもの、3つ目は金文をもとにして“長楽万年”の四文字を入れたものです。 
 11月22日(水)はお教室でこれをもとに、皆さんでいろいろなお年賀状を作成していきます!
■  [PR]
by sumi-moji | 2006-11-08 21:16 | お手本

2月のお手本から

 2月のお手本です。

 定番の
   ・四字熟語
   ・名前
   ・のし袋の表書き
   ・季節の挨拶文
  です。

 その他に、今年は毎月 季節の<はがき>を書いていただくことにしています。
 今月は <春寒料峭> を使いました。
 -春寒料峭- しゅんかんりょうしょう
  春の風の肌寒い形容。"料"はなでふれる。"峭"きびしい意。(漢語林より)
この季節の肌をさす冷たい、しかし春を期待させる風ですね・・・
  
 
■  [PR]
by sumi-moji | 2006-02-02 21:04 | お手本

9月のお手本から


 <1>
  ・前文を省略する時のことば
       前略  冠省  略啓  寸啓
       前略ごめんください
       前文をお許しください
       承りますれば
       承りますと
    
 <2>
  ・四字熟語   「天衣無縫」
            小手先の技巧がなく、美しい格調を備えているさま             
  ・名前(五

 <3>
  ・あいうえお
  ・いろは


 前文を省略する言葉を調べていたら<手書き作成支援システム-レターなび->というサイトを見つけました。わかりやすくて面白いです。どこのサイトかしら・・・日本郵政公社!!
 明日は選挙ですね。 
■  [PR]
by sumi-moji | 2005-09-10 12:52 | お手本

8月のお手本から



 のし袋が一通り終わった方は、手紙文に使う“言葉”を練習いたします。
 「幸便」ということばの意味は、
    ①よいついで、つごうのよいたより
    ②人に持参させる手紙に書き添える語  (広辞苑より)  とあります。どなたかに手紙を託す時、是非使ってみたい言葉です。

    <冒頭語> 謹啓  謹呈  拝啓  拝呈
             一筆啓上     一筆拝呈
             謹んで申しあげます
             一筆申しあげます
             はがきで失礼いたします

    <人に託すとき>
             幸便に託して一筆申しあげます
             幸便を得まして
             幸便にまかせて
             失礼ながら使いをもって差しあげます
    <8月のあいさつ>  新秋  残暑  秋暑  立秋  

    <先憂後楽>  せんゆうこうらく
             困難で苦しいことは先に片づけ、後で楽をしようということ

    <名前三> 小野 尾崎 大石 ・・・ 
    <ひらがな> かなの基本練習        
            
■  [PR]
by sumi-moji | 2005-08-17 18:54 | お手本


“筆ペン”を使っておけいこする実用書道のお教室です。かなの基本から始めて、季節のお手紙、お名前やご住所、心に残る言葉を筆ペンで書いていきます。ゆっくり、楽しくお稽古します。


by sumi-moji

プロフィールを見る
画像一覧

「Koyu筆ペン教室」のご案内

☆火曜日(3回/月)
 午後
  13:30~15:00
☆水曜日(3回/月)
 午前  
  10:30~12:00
 午後
  13:30~15:00

☆入会金 3000円
☆月  謝 3000円
  (手本代を含みます)
☆講師 久保田 洸悠
★教室/福岡YMCA
(福岡市城南区七隈
1-1-10 城南中学校横)

☆お問合わせ
092(524)8311

 見学の方大歓迎です!
    お気軽にどうぞ
   



外部リンク

カテゴリ

全体
筆ペン教室
お手本
アートなはがき
一文字のけしき(作品集)
◇書◇の豆知識
書展・展覧会めぐり
季節のひとり言

検索

ライフログ

今日を刻む時計 髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫)

中国書人名鑑

昭和を騒がせた漢字たち―当用漢字の事件簿 (歴史文化ライブラリー 241)

金田一先生に教わった手紙のこころ

落款のてびき

現代書道三体字典

角川 新字源

お礼の手紙・はがき・カード―そのまま使える!

我、言挙げす―髪結い伊三次捕物余話

晩鐘 続・泣きの銀次

ウエザ・リポート

憂き世店 松前藩士物語

ひょうたん

無事、これ名馬

たば風

雨を見たか―髪結い伊三次捕物余話

十日えびす 花嵐浮世困話

春風ぞ吹く―代書屋五郎太参る

君を乗せる舟―髪結い伊三次捕物余話

聞き屋与平―江戸夜咄草

黒く塗れ―髪結い伊三次捕物余話

アラミスと呼ばれた女

三日月が円くなるまで―小十郎始末記

玄冶店の女

おぅねぇすてぃ

ひとつ灯せ―大江戸怪奇譚

恋いちもんめ

銀の雨―堪忍旦那為後勘八郎

涙堂―琴女癸酉日記

あやめ横丁の人々

泣きの銀次

深尾くれない

甘露梅―お針子おとせ吉原春秋

雷桜

さぶ

夕映え

おんな泉岳寺 (集英社文庫 も 22-4)

犬吉 (文春文庫)

鷹姫さま お鳥見女房

髭麻呂 王朝捕物控え (集英社文庫)

幽恋舟 (新潮文庫)

お鳥見女房 (新潮文庫)

蛍の行方―お鳥見女房 (新潮文庫)

青嵐

天平の水煙―歌集 (コスモス叢書 第 849篇)

寂聴と磨く「源氏力」全五十四帖一気読み! (集英社新書 470F) (集英社新書)

えいびあん先生事件控 (学研M文庫)

ラブレターを読む―愛の領分

美女いくさ

略歴―石垣りん詩集

やさしい言葉―石垣りん詩集

アンダーグラウンド (講談社文庫)

おはぐろとんぼ 江戸人情堀物語

彼岸花

深川にゃんにゃん横丁

風の耳朶

富子すきすき

日本語活字ものがたり―草創期の人と書体 (文字と組版ライブラリ)

はむ・はたる

なでしこ御用帖

わたしの蜻蛉日記

あやめ河岸―照れ降れ長屋風聞帖 (双葉文庫)

仇だ桜―照れ降れ長屋風聞帖 (双葉文庫)

ブログジャンル

アート・デザインランキング
スクール・セミナーランキング

ファン

記事ランキング

年賀状を一緒に書きま..
前略 ごめんください..
短冊に短歌を・・・
2014年 終了
3月のお手本から
お手本の紹介(まとめ)
第30回西日本書美術展
5月のお手本から
11月のお手本から(..
10 2007年は丁亥-ひ..

画像一覧

XML | ATOM

skin by excite