カテゴリ:お手本

  • お手本の紹介(まとめ)
    [ 2008-02-22 22:05 ]
  • 9月のお手本
    [ 2007-09-02 14:34 ]
  • 6月のお手本
    [ 2007-06-07 20:43 ]
  • 4月のお手本(2007)
    [ 2007-04-05 22:44 ]
  • 3月のはがき
    [ 2007-03-08 22:39 ]
  • 二月のはがき
    [ 2007-02-06 23:23 ]
  • 2007年は丁亥-ひのとい-・・・
    [ 2006-11-08 21:16 ]
  • 2月のお手本から
    [ 2006-02-02 21:04 ]
  • 9月のお手本から
    [ 2005-09-10 12:52 ]
  • 8月のお手本から
    [ 2005-08-17 18:54 ]

お手本の紹介(まとめ)

 月初めに掲載したお手本の紹介をまとめたものです。
 順を追っておけいこしていきますので、お手本は皆さんとは限りません。同じお手本は<毎月のはがき>。その月に因んだ言葉や歌を書いたものです。また、季節のはがき-暑中見舞い・賀状・寒中見舞いなど-はその時々で練習します。
 <1>
  ・ウォームアップ  筆ペンに慣れる
  ・仮名の基本    
  ・カタカナの基本
  ・連綿の書き方(2)    続けて筆を運ぶ
 <2>
  ・四字熟語(20)
  ・のしの表書き(60)   一般的なものから順に
  ・名前(100)
  ・都道府県名
 <3>
  ・季節の挨拶文(便箋)(12)
  ・季節の挨拶文(一筆箋)(12)
  ・季節の挨拶文(はがき)(12)
 <4>
  ・漢詩
  ・短歌・俳句

 <1>の基本練習を終えて、短い文を書きながら「御礼」や「御仏前」など実用的なものを同時に練習いたします。そして、<毎月のはがき>は楽しみながら書いていただく。通信の方も同じように進んで参ります。
 実用的なものを自信持って書けるように、また、好きな言葉を楽しんで書けるようになっていただくのが目標です!

 2ヶ月に一度、顔彩などを使いお教室で皆さんと一緒に<毎月のはがき>を書いています。

 お問合せいただいた中で6ヶ月の短期の練習をという方がいらっしゃいました。沢山のことは練習できませんでしたが、お名前やご住所、簡単な表書きの練習を終えました。おけいこについてのご相談はメールでお気軽にお問合せください。
  
■  [PR]

by sumi-moji | 2008-02-22 22:05 | お手本

9月のお手本


 9月は雨の日から始まりました。秋のしっとりとした雨足というよりは夕立のような雨が度々、熱いアスファルトの道を濡らします。少しずつは涼しくなっていくのでしょう・・・
 9月のお手本はいつものように、
 ・仮名の基本
 ・四字熟語
 ・名前
 ・のしの表書き
 ・季節の挨拶文
 ・飲中八仙歌
 ・和歌
の中から皆さんが進んでいきます。

 <今月のはがき>は「月」を一字です。先月は「白雨跳珠」で挨拶文の文字数も少し多かったので、今月は少なめですっきりと書きました。秋の夜のお月様を思い浮かべて書いてくださるように・・・。
■  [PR]

by sumi-moji | 2007-09-02 14:34 | お手本

6月のお手本

 6月のお手本です。
 四字熟語・季節の挨拶文・飲中八仙歌・のし袋の表書き・名前に加えて<6月のはがき>は、「濯枝雨」-あめえだをあらう-
 本には、<陰暦6月にふる大雨のこと。雨が木の枝を洗うように濯いでいるようす。>とあります。災害を起こすほどの大雨も困りますが、空梅雨も困ります。入梅の前に田植えが始まったとニュースで流れる今日の天気は、真夏のように暑い!雨が待たれます。

 6月の異称は
    水無月(みなづき)  風待月(かぜまちづき)  早苗月(さなえづき)
■  [PR]

by sumi-moji | 2007-06-07 20:43 | お手本

4月のお手本(2007)

 2007年4月のお手本です。
 いつもの「基本の仮名」、「四字熟語」、「名前」、「のし袋の表書き」、「季節の挨拶文」に加えて「飲中八仙歌」と「梅雪色紙帖」から皆さんのお手本が決まります。
 そして、<今月のはがき>は「飛」という文字を入れて、「入学おめでとう」としました!
 新入社員として新しい生活を始める方へは「入社おめでとう」はどうでしょうか。

 「飛」という字は、鳥が羽をひろげて飛んでいる形で、飛び立とうとする姿を表しています。まさに、そういうころですね。ちなみに、「翔」はゆっくりと飛びまわることを表します。
■  [PR]

by sumi-moji | 2007-04-05 22:44 | お手本

3月のはがき

 お手本の1つの<3月のはがき>です。
 3パターンが見本です。一番文字数のを少ないものをお手本としましたが、おけいこの年数に応じ字数を増やしたりして、自由に書いていただきます!春の山を思い描いて・・・。
 <春山如笑>しゅんざんわらうがごとし
春の山が笑っているということから、穏やかな春の山の景色を表しています。
 





 毎月の<はがき>も1年経ちましたので、今月から「異称」もおけいこに加えました。
  <3月の異称>  弥生  桜月  桃見月
   まだまだたくさんありますが、「花惜月」も風情がありますね。
■  [PR]

by sumi-moji | 2007-03-08 22:39 | お手本

二月のはがき

 この冬一番かと思うほどの寒さから、1週間も経たずに春の陽気になってしまいました。<立春とはいえ、まだまだ肌寒い毎日です>などという定番の挨拶は、今年に限っては使えません!
 お隣のおじさんが飼っている「めじろ」があまりにも可愛いので、<二月のはがき>は「鳥」、そして色紙に書いていた言葉「春物自清美」の二種類です。
 さあ、明日は2月最初のおけいこ日です。
■  [PR]

by sumi-moji | 2007-02-06 23:23 | お手本

2007年は丁亥-ひのとい-・・・

 来年は丁亥(ひのとい/ていがい)となります。「亥」という文字は、●男女が子を抱く形●草の根●儀礼に用いられた獣の形と諸説が見られます。なんといっても、「いのしし年」となると頭に浮かぶのが<猪突猛進>の言葉。山を駆け上がる「いのしし」の絵は年賀状でもよく描かれています。
 3パターンの年賀状を今年は皆さんで書いていこうと思います。1つ目は隷書の「亥」を入れたもの、2つ目は葉書を横に使い背面に行書の「亥」を入れたもの、3つ目は金文をもとにして“長楽万年”の四文字を入れたものです。 
 11月22日(水)はお教室でこれをもとに、皆さんでいろいろなお年賀状を作成していきます!
■  [PR]

by sumi-moji | 2006-11-08 21:16 | お手本

2月のお手本から

 2月のお手本です。

 定番の
   ・四字熟語
   ・名前
   ・のし袋の表書き
   ・季節の挨拶文
  です。

 その他に、今年は毎月 季節の<はがき>を書いていただくことにしています。
 今月は <春寒料峭> を使いました。
 -春寒料峭- しゅんかんりょうしょう
  春の風の肌寒い形容。"料"はなでふれる。"峭"きびしい意。(漢語林より)
この季節の肌をさす冷たい、しかし春を期待させる風ですね・・・
  
 
■  [PR]

by sumi-moji | 2006-02-02 21:04 | お手本

9月のお手本から


 <1>
  ・前文を省略する時のことば
       前略  冠省  略啓  寸啓
       前略ごめんください
       前文をお許しください
       承りますれば
       承りますと
    
 <2>
  ・四字熟語   「天衣無縫」
            小手先の技巧がなく、美しい格調を備えているさま             
  ・名前(五

 <3>
  ・あいうえお
  ・いろは


 前文を省略する言葉を調べていたら<手書き作成支援システム-レターなび->というサイトを見つけました。わかりやすくて面白いです。どこのサイトかしら・・・日本郵政公社!!
 明日は選挙ですね。 
■  [PR]

by sumi-moji | 2005-09-10 12:52 | お手本

8月のお手本から



 のし袋が一通り終わった方は、手紙文に使う“言葉”を練習いたします。
 「幸便」ということばの意味は、
    ①よいついで、つごうのよいたより
    ②人に持参させる手紙に書き添える語  (広辞苑より)  とあります。どなたかに手紙を託す時、是非使ってみたい言葉です。

    <冒頭語> 謹啓  謹呈  拝啓  拝呈
             一筆啓上     一筆拝呈
             謹んで申しあげます
             一筆申しあげます
             はがきで失礼いたします

    <人に託すとき>
             幸便に託して一筆申しあげます
             幸便を得まして
             幸便にまかせて
             失礼ながら使いをもって差しあげます
    <8月のあいさつ>  新秋  残暑  秋暑  立秋  

    <先憂後楽>  せんゆうこうらく
             困難で苦しいことは先に片づけ、後で楽をしようということ

    <名前三> 小野 尾崎 大石 ・・・ 
    <ひらがな> かなの基本練習        
            
■  [PR]

by sumi-moji | 2005-08-17 18:54 | お手本